授業検討会(?)を開催してみる。

ご無沙汰しております。生きております。
全く更新が。はかどっておりませんが。生きております。
時間のあるときまったり更新すればいいやと半ば投げています。

さておき。

正規の集まりではないのですが、講師や若手の先生方に声をかけて、
授業の検討会(?)を行うことになりました。


【内容】
3月21日(祝日)に集まれそうな人で
ゆるーく情報の授業検討会(?)をやろうと思っています。
※どこまで声をかけるかは未定です。
※ある講師の先生に、「情報の授業は何をすればよいかわからない」と聞かれたのが発端です

【検討(?)事項】
1.この範囲はこんな指導をした(したい)
2.この範囲の狙いは何か
3.場合によってはasami(仮)が模擬授業を行い、突っ込みや検討
4.もちろん他の先生に授業をして頂くのも大歓迎

また、以下の2点をお伝えした上でご参加頂こうと思います。
(ア)正規の研修会ではないので、交通費などが出せません。
(イ)参加不参加が何らかに影響することもありません。

場所:千葉県立○○○高等学校 PC教室
日時:3月21日(木) 0900~1200(予定)


とまあ、こんな感じで。

実はまだ2人くらいしか参加者を募っていないのですが、まあ緩ーく適当にまずはやってみようかと。
ご報告できる事があれば、またいずれご報告したいと思います。

神奈川県の実践事例報告会に参加しています

神奈川県情報部会実践事例報告会に参加しています。(NOW)

しかし、神奈川県の情報教育への取り組みは本当にうらやましいです。(東京もすごいですけども)
千葉県も負けないように盛り上げなくては。

ちなみに、神奈川県の情報部会のWebサイトのURLが
http://www.johobukai.net/ です。 johobukai.net です。

oh…

本日の内容がまとまり次第、レポートしておきたいと思います。
http://www.johobukai.net/18jireihoukokukaisidai.html

執筆依頼を受けながら

情報教育の実践報告について原稿を書いています。
つくづく思うのが、このサイト作っといてよかったなあ、と。

まだ数例しか載せていませんが、いざってときに「あー。あんなことしたなあ」と振り返るのに最適というか。
良いぞ過去の私! そして未来の私よ!!続けて!!!
覚えている内に書き起こして!!!!

各教科で様々な動きがあるんですが、最近は担任しているクラス
の事ばかり考えておりまして。

難しいですよね。
情報教育の研究や研鑽に専念したい自分と
教科にとらわれない部分での教育活動にも考えを巡らせる自分と。
エトセトラ、エトセトラ。

最適解は情報教育一本で専念することなんでしょうが、なかなかそうも行かないのがこの職業です。うーむ。

原稿に戻ります・・・。

(生徒にバレました)

とてもすごく、ご無沙汰しております。
なぜご無沙汰していたかというと。

勤務校の生徒に、このブログの存在がバレてしまいました。

名前は伏せていたものの(伏せてない)
授業内容で検索をしたら、HITしてしまったとのこと。

やりにくいなあと思いつつも、やり始めたからにはやりきろうということで
更新を再開したいと思います。

やりにくいなあ・・・。

memo:投稿したいネタ

micro:bit
情報テクノロジーから見えた未来
情報Ⅰについて
情報Ⅱについて
情報デザインの今後

中学校学習指導要領解説 技術・家庭編
教科書

小学校のプログラミングについては、自分の中ではもう一段落も二段落もついている。
ただ、どうしても文科省の意図している内容と現場での解釈には若干の相違があって。
「学習指導要領を読むこと」って本当に大切なんだなと。

#memo !

プロでありたい

悔しくて眠れず二度目の更新。

前回の記事の通り、情報教育の質問に対して答えられなかったという事が悔しくて悔しくて。

なんでこんなに悔しいのか考えました。

ここで言うのもなんですが、私は「プロ」になりたいようです。
と言っても、生徒たちから見て、聞けば何でも答えてくれる、プロフェッショナルになりたいと言う事ですが。

要は、何を聞かれても、すぐに答えられる人でありたいと。それが情報に少しでも関わるなら、どんな内容でも、です。

私の目指す「理想の教員」が、きっとそんな姿なんですね。

少し近づけているのかな、と思いきやまたすぐ離れてしまう理想像。

あー悔しい。

次は絶対に間違えない。

教科書作り

教科書を作りたいというのが、教員になったときからの夢だったりします。
まあどちらかと言えば、教科書を作れるくらいの教員になりたい、という意味でもあるんですが。

で、思ったんです。
作れそうだ、と。

というか、「いつかやりたい」程度じゃあ短い教育人生で達成出来ないんですよ。
たった30年ちょっとしかないんだもの。3年スパンで見ると、PDCAたったの10サイクルですよ。
しかも10週とかいいながら、実質はもっと少ないのです。

最初の1週は見習いとして好きなことなんて殆ど出来ません。
次の1週も黙ってれば何も出来ません。

最後の2週は、おそらく自分のやりたいことなんて、殆ど出来ません。
※周りの環境にがんじがらめにされています。
(おそらくその時の若手を指導するとか、内容の引き継ぎとか、そんな感じで。)

すると残り6週ですよ。

試しで1週、改善に1週として計2週。
多分、教員人生でやるぞー!となって出来るのは2~3つのテーマが限界なんじゃないかと。
3つ以上のテーマに取り組める人はきっと天才とか、「スーパー先生」とか呼ばれる人なんじゃないかと。

私は来年、30歳になるんですよ!
すると残り30年しかないんですよ!!!!!!!!!

今やるしか、ないよね。
モタモタしてたら人生が終わる。

なーんて思ったお盆休みでした。


追記

教科書は学習指導要領の改定が大幅なupdate(WindowsでいうSP。もう古いか!)していかねばなりません。
そうでなくとも、情報科の教科書は日々UPDATEする必要があるでしょう。
ディジタル教科書にしてもいい。まあ何が言いたいかって言うと、実はチャンスなんじゃないか?
H34年度試行の新学習指導要領があって、それまであと3年ある。
今年来年と作って、検定通して、再来年に向けて直して・・・出来るか、私に。
やりたくないけどやりたいなあ。

※参考資料
教科書制度の概要
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/gaiyou/04060901.htm
高校で使われているプログラミングの教科書を全部購入して比較 (情報の科学)-Yusuke Ando a.k.a yando
https://yandod.github.io/blog/2018/07/29/highschool-programming-textbook/

CORESERVERに移転しました

今までは自宅サーバーで動かしていたこのWordPressですが、
引っ越しを控えている関係で一時的にCORESERVERへ移転しました。
プランはCore-MINI!(30日無料版)

しばらく使ってみて、問題が無いようで在れば完全に移転するかもしれません。
けど、どうせ引っ越し終わって安定したら、自宅サーバーは動きっぱなしだろうと思いますんで
元に戻るかもしれません。

自宅サーバーだとセキュリティ面で余計な串を通したりなんなりと余計なロスがありました。
外部サーバーだとそこら辺を気にしなくても良いってのが楽ですね。
その分速度も速くなりますし。

ううん。
回線2本、引こうかなあ。

情報コースは、何ができるようになるの?

よく、「情報コースに進むと、何ができるようになるの?」と聞かれます。
大抵の場合はお偉いさん方に。

ずーーーーーーーーーーっと疑問だったんです。
「何ができるようになるのか」は大事な観点だし、
これにどうやって答えるのが正解なんだろう?

最近ふと、思いました。

そもそも、「読み書きそろばん、キーボード」が当たり前になるって時代に
「出来るようになる」って考えがもうおかしいんじゃないのかと。(暴論)

そもそも、読み書き出来ないと恥ずかしいでしょ?
「文字が読めるようになる」 とか 言わなきゃいけないの?

それと同じ感覚だから、説明し辛いんだなあ、と。
(だって、これを聞いてくる相手は、文字も読めないレベルって事がほとんど)

 

私が思う「情報コースで学ぶこと」は、
当たり前のように「情報に接する事が出来る」ようになります。
調べて、読み解いて、作れるようになります。

ただ、それだけ。

 

わからないことを、わかるようにできます。
世の中の情報を自分で吸収する事が出来ます。
世の中に情報を発信する事が出来ます。

それだけ。

 

たったそれだけのことが、出来ていない。
私だって、本当はもっともっと、高度で!専門的なことを教えたいですよ!
例えばVRCHATを経験させたい。そのためのアバターを作らせたい。
アカウントを作らせたい。OculusGO使わせたい。
VR空間の可能性に期待するんじゃなくて
VRで、空間を、デザインさせたい。

とか!とか!!!!!!!!

でも、今の高校生たち全員にそれを教えるのはかなり厳しいのです。
何故なら、キーボードすら触れないから。
小学校や中学校という義務段階で教えている内容がバラバラすぎる。

あまりにも遅すぎる。ICTに対する教育が。情報教育が。

情報格差、なくしたいなあ。

もっと自由に。