社会と情報:ネットワーク

8月31日付で引っ越しまして。夏休みの終了と同時でして。
2学期をスタートさせつつ荷解きの作業に追われています。


さて、2学期の社会と情報は「ネットワーク」からのスタートです。
IPアドレスとドメインの対応なんかを教えていくわけですが、
今年は理論から入らずに、実際に「ネットワークを歩いてみよう」と称して、
IPアドレスを元にWWWを渡り歩いて貰いました。

とはいえ、無作為にIP指定するのはかなり難しいので、ここはセキュリティ意識の教育もかねて千葉県の地方公共団体系ページを教材にしました。
そう、我らが千葉県のWebページはIP直打ちでアクセス出来てしまうんです。
(それでいいのか千葉県)

例として、ドメインとIPの対応を親元のwww.pref.chiba.lg.jpで紹介します。

【ドメインでアクセス】
千葉県ホームページ https://www.pref.chiba.lg.jp/
【IPアドレスでアクセス】
千葉県ホームページ http://114.179.201.1/

※(実際に授業を行う際、本当にそれでいいのかと小一時間悩みました。セキュリティ意識・・・)

で、面白いことに千葉県は、こっからIPが続いていくんですね。面白がって良いのかどうかはさておいて。

千葉県ホームページ http://114.179.201.1/
千葉県防災ポータルサイト http://114.179.201.2/
千葉県-銚子市 http://114.179.201.3/
千葉県-市川市 http://114.179.201.4

(上から)
https://www.pref.chiba.lg.jp/
http://www.bousai.pref.chiba.lg.jp/portal/
http://www.city.choshi.chiba.jp/
http://www.city.ichikawa.lg.jp

とまあ、こんな感じです。
ちなみに市川市は正しいアドレスとして http://114.179.201.139/ が割り振られている様です。
※じゃあ114.179.201.4は何なんだよお化けなのかよ消し忘れなのかと

いやもう本当に、良い教材を提供して頂いて・・・。授業では軽く触れるに止めましたが、大丈夫か千葉県
※なお、サブドメインについては触れていません。

このように数値を進めながら。
厳密には違うけれども。

1.例えとして「114.179.201」という名前のビルがあってここは主に千葉県が使用している
2.そこにはいろんな部屋があって、1号室には千葉県が、2号室は防災ポータルサイト、3号室には銚子市が~
3.順番に訪ねていけばいつか自分の市町村が見つかるね?
4.よし探そう。適当に入力していっても良い。 気づいたことは共有しよう
(探し終えたのち)

5.すっごい大変だったねえ。これがネットワークの歩き方。現実世界で住所や郵便番号をもとに訪ねるように、ネットでは~
6.で、判りやすくした住所。これすなわちアドレス。

https://www.pref.chiba.lg.jp/ を逆に読むと、
(jp)日本の~
(lg)地方公共団体の~
(chiba)千葉という名前の~
(pref)県の~
(www)Webサービス

に、アクセス(尋ねようと)するって行為なんだよ!

みたいな説明をしています。
今回は45分授業というのもあり、ここで終わりました。
次回からIPドメインの逆引きやDNSを交えた詳しい仕組みに触れられたらなと。

※この後に、覚えている限りの市町村のIP<>ドメインの一覧を乗っけて置きます。

memo:投稿したいネタ

micro:bit
情報テクノロジーから見えた未来
情報Ⅰについて
情報Ⅱについて
情報デザインの今後

中学校学習指導要領解説 技術・家庭編
教科書

小学校のプログラミングについては、自分の中ではもう一段落も二段落もついている。
ただ、どうしても文科省の意図している内容と現場での解釈には若干の相違があって。
「学習指導要領を読むこと」って本当に大切なんだなと。

#memo !

プロでありたい

悔しくて眠れず二度目の更新。

前回の記事の通り、情報教育の質問に対して答えられなかったという事が悔しくて悔しくて。

なんでこんなに悔しいのか考えました。

ここで言うのもなんですが、私は「プロ」になりたいようです。
と言っても、生徒たちから見て、聞けば何でも答えてくれる、プロフェッショナルになりたいと言う事ですが。

要は、何を聞かれても、すぐに答えられる人でありたいと。それが情報に少しでも関わるなら、どんな内容でも、です。

私の目指す「理想の教員」が、きっとそんな姿なんですね。

少し近づけているのかな、と思いきやまたすぐ離れてしまう理想像。

あー悔しい。

次は絶対に間違えない。

情報活用能力について

ちゃうねん。
本日、「情報教育の最新事情研修」で「情報活用能力って何ですか?」って聞かれて答えられなかったんです。
ええ恥ずかしい。

言い訳したい!

従来の情報活用能力って以下の3観点に8要素が付いたもの。
・情報活用の実践力
・情報の科学的な理解
・情報社会に参画する態度

本当にすみませんでした・・・。

でも、でもね!
これってそもそも「本当の意味での情報活用能力とは」とか言われるレベルの物で・・・
いや間違っちゃいないと思ってますけど!情報ABCの頃の話じゃない・・・?
そもそもこれ、次の指導要領で消されますよね!

現行の指導要領には乗ってる訳ですが。

「情報教育の最新事情研修」で、 旧体制聞かれてるだなんて思わないよ!
いやいいわけだけど!マジで! え? 育成すべき資質・能力の三つの柱の話? え? でも違くね?
~以下混乱~

あああああああああ悔しい。
夏休みで鈍っていた頭が覚醒した気分でした・・・

教科書作り

教科書を作りたいというのが、教員になったときからの夢だったりします。
まあどちらかと言えば、教科書を作れるくらいの教員になりたい、という意味でもあるんですが。

で、思ったんです。
作れそうだ、と。

というか、「いつかやりたい」程度じゃあ短い教育人生で達成出来ないんですよ。
たった30年ちょっとしかないんだもの。3年スパンで見ると、PDCAたったの10サイクルですよ。
しかも10週とかいいながら、実質はもっと少ないのです。

最初の1週は見習いとして好きなことなんて殆ど出来ません。
次の1週も黙ってれば何も出来ません。

最後の2週は、おそらく自分のやりたいことなんて、殆ど出来ません。
※周りの環境にがんじがらめにされています。
(おそらくその時の若手を指導するとか、内容の引き継ぎとか、そんな感じで。)

すると残り6週ですよ。

試しで1週、改善に1週として計2週。
多分、教員人生でやるぞー!となって出来るのは2~3つのテーマが限界なんじゃないかと。
3つ以上のテーマに取り組める人はきっと天才とか、「スーパー先生」とか呼ばれる人なんじゃないかと。

私は来年、30歳になるんですよ!
すると残り30年しかないんですよ!!!!!!!!!

今やるしか、ないよね。
モタモタしてたら人生が終わる。

なーんて思ったお盆休みでした。


追記

教科書は学習指導要領の改定が大幅なupdate(WindowsでいうSP。もう古いか!)していかねばなりません。
そうでなくとも、情報科の教科書は日々UPDATEする必要があるでしょう。
ディジタル教科書にしてもいい。まあ何が言いたいかって言うと、実はチャンスなんじゃないか?
H34年度試行の新学習指導要領があって、それまであと3年ある。
今年来年と作って、検定通して、再来年に向けて直して・・・出来るか、私に。
やりたくないけどやりたいなあ。

※参考資料
教科書制度の概要
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/gaiyou/04060901.htm
高校で使われているプログラミングの教科書を全部購入して比較 (情報の科学)-Yusuke Ando a.k.a yando
https://yandod.github.io/blog/2018/07/29/highschool-programming-textbook/

全高情研 2日目 2/3 ※編集済み

自身の発表を終えました。

時間、全然足りませんでした・・・。
語りたいことが多すぎて、分かっていながらも詰め込みすぎて、
大事なことがぼやけるという。生徒には見せられないね!

せっかく来ていただいたのに、発展的な内容(情報テクノロジー)について
対してお伝えできず申し訳ない。申し訳ない・・・。

1年で1回しかないからなあ・・・次回に向けて精錬しておきます。
※来年は情報テクノロジーに焦点を当ててガッツリやりたい。ガッツリ。

こちらでも資料を公開しておきます。
各ページの解説もつけたいと思いますが、それはまた後日。
解説をつけました。設定から「スピーカーノート」を覗いていただければと思います。

全高情研 1日目 1/3

私のLTについて資料を提示しておきます。
何かの参考にあれば。


キーワード

授業計画
共通教科情報(社情・情科)
専門教科情報(情報テクノ・課研)
実践報告 (実際に何をやっているか)
society5.0
Arduino(マイコン)
構造理解
PDCA
共生社会
オリンピック/パラリンピック
異校種連携(特別支援)
Exif/ジオタグ
著作権
情報のディジタル化
プログラミング
新たな価値の創造
G-suite(Google Classroom)
予測困難な社会で未来を作る
(私の考える)情報科の視点
授業アップデートの重要性


小学校プログラミング指導入門

という研修の講師を務めました。

1.何故プログラミング教育なのか?
2.Scratch
3.Studuino(Arduinoを利用した学校向け教材)

の順で話が進みました。スライドは2番のScratchの説明を行った際に利用した物です。



伝えたいのは、
「プログラミングを教えるのではなく、プログラミングを通じて論理的な理解を深めることが重要」だということ。
まずは試してみて、ぐるぐる回して(PDCA)、どんどん改善し、実施に備えて欲しいこと。
あたりですかね。

全国情報教育研究大会の発表が控えているにもかかわらず、一切資料が出来上がっていないため
すっごい中途半端ですが、これにて。

忙しすぎるよ!!!!!!!!!!